アフィリエイトサイトのSEO

wikipedia.orgGoogleは意図的に施されたSEO対策や、順位操作を企図したリンクの売買を嫌っていますが、「独自性の少ない、内容の薄いサイト」に対しても厳しい評価を下しているようです。

特に、アフィリエイトという商品を紹介して紹介料をかせぐようなサイトの場合、内容を増やすために「独自性の少ない情報を次々載せる」ことで、サイトとして成り立っているものも少なくありません。こういったサイトは、検索エンジン利用者の役には立たないでしょうから、Googleは内容の薄いサイトを「悪」と判断し、順位を上げないような対策を採るようなのです。

このことは、「アフィリエイトを導入されているウェブマスターの皆さまへ」というGoogleの公式ブログで確認できます。サイトのアクセスを増やすことだけを狙って、独創性のないサイトを量産するようなやり方や、不自然なSEOでアフィリエイトサイトを有名にさせようとする行為は、Googleのガイドライン違反になります。アフィリエイトサイトでSEO対策を考えるときには、ぜひ人の目からも検索エンジンからも評価されるような、内容の濃いサイトを作ってから対策をすることをお勧めします。http://xn--seo-5q0fn79k.sakura.ne.jp/wordpress/html/google.html