ブラックハットと呼ばれるSEO対策

zazzle.comSEO対策を行うとき、検索エンジンを欺くような方法を使ってでも、検索順位を上げたい、そう考えたことはありませんか?

訪問者の目には見えないようにSEOテキストを隠して記述したり、文字のサイズを1ピクセルという極小に設定して文章を書いたり、CSSを使って文字を見えない位置に配置してしまったり。

このように、人の目には自然なホームページに見えても、検索エンジンにはたくさんの検索ワードが伝わるように細工する、という方法は「ブラックハットSEO」と呼ばれます。もちろん、検索順位を操作するためだけの悪質な行為なので、検索エンジンからは「検索スパム」と見なされます。時には検索の順位が数百位下がったり、検索にはヒットしなくなるなどのペナルティが科されるのです。

検索エンジンにとって、こういった不正は悪質であり、利用者の利益にならないためにペナルティを科すのです。順位ばかりを気にして、こういった方法を使ってしまわないよう、注意が必要です。SEO対策